心は孤独な数学者

数学者の伝記。

「打ちのめされるようなすごい本」の書評にあって購入した本。仕事柄、数学に強いにこした事は無く、少なくとも数学に興味は持つべきだと思ってた中で「数学」というキーワードに反応しただけ買った本だが、思ったよりも面白かった。

勿論、これを読んだからといって数学に強くなったりはせず、何か数学的なものを得られる訳ではない。単純に伝記、小説として面白い。

ニュートン、ハミルトンまでは、業績、名前は知っている。しかし、ラマヌジャンは全く知らなかった。比較的最近の人物で高度な数学で業績自体もよく分からない。きっと数学の世界ではすごい人なのだろう。米原万里も書評で書いていたが、この人の伝記が一番面白い。

この著者は数学者ということだが、数学が分からない人でも十分に読める内容。まだ手を出してはいないが、他の著作も読んでみようと思う。

 

social sharing...

コメント...