数に強くなる

著者の「失敗学のすすめ」を読み、面白かったので、著者つながりであまり内容を吟味せず何となく買った本。

おおよその把握をする為にどのように数を掴むかについて書かれている。「ドンガラ」等なるほどと思う事は多く、非常に面白い内容。

工学系の学者ということで、話が工学的な面からの話が多く、本の内容をそのまま何かに活かせることは少ないかもしれないが、数の捉え方という点ではうまく応用出来るかもしれない。

しかし、理系の学者というバックボーンが無い中で、こういう数の捉え方に説得力を持たせる事は、数をとらえる手法に慣れる事と同時に、認識の仕方の周知徹底の継続的な努力が必要かと思われる。またこういう数の捉え方で問題が無いということに自信を持てる局面に出会う事が無いと中々続けられないかもしれない。

考え方は、非常に面白く合理的で、こういう考え方は知って損は無い。何かを教える立場なら教えている人に薦めたい本。

social sharing...

コメント...