バカのものさし

養老孟司の本を適当に探してて、バカの壁の続編のようなものかと思い購入。実際は続編でも何でもなく、学生から集めた質問に養老孟司が答えるという内容。読みやすいし文量もそれほどないので、一気に通読してもそれほど時間が掛からない。今どきの教育方針に対する疑義や脳に纏わる迷信をばっさり切り捨てていて、読んでいて痛快。

編集が纏めたとは思うが、学生の問答集っぽさが全くない。質問が学生からの質問とは思えない推敲された質問になっていて、仮にあの質問をあの質問文のままにしているとしたら、相当学生のレベルが高い。そのまま手を加え無い方が良いとは言わないが、読んでいてちょっと違和感がある。

social sharing...

コメント...