ぼくらの頭脳の鍛え方

立花隆と佐藤優の本の選び方をテーマとした対談と書評集。

知の巨人と知の怪物の対談というだけで面白そうと思ったのと、書評なので購入した本。立花隆が鈴木宗男に纏わる事件に対して色々踏み込んで聞くかと思えばそうでもなく、そういった面では期待はずれ。テーマに対して素直に対談していて、純粋に本や出版に関する状況についての対談を行っている。

書評としては、知の巨人と知の怪物らしい本のオンパレードで、面白く立花隆の以前の書評集との被りも少なく、その点では価値のある本。

 

 

social sharing...

コメント...