チエちゃんと私

世界中に読者のいる日本人の著者の本を読もうと思い、村上春樹かよしもとばななのどちらかにしようと思って購入した本。確か、功名が辻の解説で永井路子が日本の文学の根底は、「あはれ」「をかし」の2系統あるという話があったが、これでいうとこの本は「あはれ」。

すっと読む事は出来たが、なんと言うかこの著作自体に対する印象、感想はあまりない。

著者に対しては、どこからと言われると困るが、なんとなくバブル時代の人という印象が残った。正直言ってこの著者を読み続けようという意欲が湧いてこない。世界中に読者がいて、人気の作家ではあるので、もう少し色々読んでみようかとは思うが、優先順位は低め。

social sharing...

コメント...