項羽と劉邦

司馬遼太郎の作品の中でも最も好きな作品の一つ。もう司馬遼太郎の本でどれを一番最初に読んだかは忘れてしまったが、この本は相当初期に読んだ。

元々三国志に嵌まっていて、三国志で出てくる張良や簫何、韓信に興味を持ってこの本を選んだ。漢の建国史の著名な登場人物は余すことなく出てくる。これ以降、この時代の本も読みたくなり、色々手を出したが、小説として面白いと思ったものはあまりなかった。

最近だと宮城谷などの作品でこの辺りの時代を扱ったりしているが、ここまで深く印象に残っている作品は今のところ出会えていない。

 

social sharing...

コメント...