名古屋 – 札幌

ほぼ何も出来ずに敗戦、酷い試合でゴールの予感が全くしなかった。

センターサークル付近からの縦への動きが少ないのとパスに意思を感じないというか、消去法でパス先を選んでいる。

パスミスはこの試合だけではなく開幕からあるが、このところの試合では失敗に萎縮しちゃっている。

また開幕からほぼ上手くいっていない長めのボールでジョーを無理矢理起点にしようとするパターンに逃げて、ジョーの周りに選手がいないのでボールをロストする展開が多すぎる。

失点か多いことやDFラインが高く裏を狙われることはある程度割り切れる、観戦を面白くするギャップとして存在価値がある。しかしリズムもなくメッセージも感じないパス回しではそのギャップはただのストレスでしかなく、観戦妙味がない。

選手のコンディション不良が多く質の高い練習ができていないのが原因の一つと新聞にはあった。テクニカルな問題だけで片付けば良いが、チャレンジする気分が全般的に後退しているような気がしてならない。失敗してもリスクを負った意思のあるパス回しとチャレンジを見たい。

social sharing...

コメント...