名古屋 – C大阪

スコアレスドロー。C大阪もローテーションと怪我人の関係でベストメンバーとは言えない中ではあったが、負けなかったのは良かった。フィールドプレイヤーのミスからずっとノーチャンスでゴールを割られていて、一番割を食っていたランゲラックも一息つけたはず。

DFラインにすべてCBを並べた布陣。新井の復帰戦でかつ菅原も同時起用しようと無理に布陣を組んだ印象。菅原がSBに慣れていないのでミスが目立ったが、失点には繋がらなかったのは幸運だった。SBは重要度の割りに様々なポジションから無理矢理コンバートされやすいが、菅原はSBで試すより中盤の底で試した方が将来幅が出るような気がする。もしくは新井を一列前にするのも厚みを付けるには良いかもしれない。

布陣の割にはディフェンシブにはならず、パス回しが機能していた。ゴール前に迫る頻度も今までより多いし、チャンスを感じられる流れが多かった。ジョー、シャビエルが下がって受けに来る頻度がもう少し上がれば、もっと機能するはず。強い雨の中でも失点につながる様な大きなミスもなくやれていたのは収穫。そろそろ底を打たないと苦しいシーズンを過ごすことになりそう。

長谷川がレッドで時節出場停止で中盤の構成は悩むところが多い。和泉を一列下げて、寿人あたりを1.5列で起用か、シャビエルを一列下げてFWで深堀になるのか。玉田のように中盤の真ん中でボールを積極的に触りたがる選手でも面白い。

social sharing...

コメント...