名古屋 – 金沢

スコア以上に、決定機を作られていて、最終スコア以上に差がある印象。

全体的な印象やボールの支配率からは、負けるような試合展開ではなかったが、気が抜ける瞬間があり、そこで失点するのは、いつものパターン。

相手の戦術でそうなってしまったのか、偶然なのか分からないが、左サイドでの展開が多くなっていて、右サイドのシャビエル、青木の強味が出せていなかったのも敗因。

その左サイドでは、久しぶりに先発の櫛引のリズムが悪く、オーバーラップも積極的にトライしていたが、パスのイメージが周囲と共有できていなかった。DFラインをやれる選手がどんどん少なくなっているので、簡単に交代させられないし、今後も出場機会はあるはずなので、今後の為にもイメージの共有は必須。

佐藤寿人も完全に消えていた。本人の責任ではない部分が大きいが、寿人が消えているときは、だいたい上手くいっていない兆候の一つ。

共有できてなかったのは、田口も同様。崩すシーンで誰もいないところにボールが転がっていくシーンがちょこちょことある。そもそもパス連携の肝なのでターゲットになりやすく、楽にはプレイさせてもらえないだろう。さらにレッドカードを貰った試合から挑発が効く相手と見られたのか、苛つかせる対応をされているので、気持ちよくプレイしていない。レッドカード貰って試合を壊した後ろめたさもあるかもしれない。

 

social sharing...

コメント...