名古屋 – 群馬

天候を味方につけて、前半先制した後、リズムを崩してそのまま後半に入り、凡ミスから2失点。いつもの負けパターンを少し覚悟しつつ見ていたら、玉田の綺麗な右足でのゴールで、同点。田口の狙いすましたGKが一歩も動けない完璧なゴールで逆転。その後もきっちり試合を詰めて、青木がダメ押しの一撃。劇的な展開で終わってみれば完勝ではあったが、心臓に悪いところは相変わらず。中毒性のあるゲーム展開。

杉森が空回り気味なのと、ワシントン周辺で発生する凡ミスが不安要因。杉森は継続的に使われないとフィットするのは難しそう、今シーズンは我慢が必要かもしれない。ワシントンも本職じゃないところなので、起きうるものとして考えていくしかない。

逆転できたということは、残り試合数と現在の順位が選手の集中力を高められているということだろう。残り3試合全勝は必須、ミスを取り返せるだけの高いモチベーションをチーム全体で維持できていることは、ポジティブ要因。その中でも玉田のコンディションが大きな鍵になりそう。

長崎の今後の対戦相手を考えると少し運が必要な部分があるが、長崎も初昇格が見えてくると、固くなる部分もあるはず。その辺りに期待しなければならないのはもどかしいしちょっと残念だが、自動昇格でJ1復帰を決めて欲しい。

social sharing...

コメント...