名古屋 – 岐阜 前半感想

長良川競技場が満席になっているのを初めて見た。近いところに対戦チームがいるのは盛り上がる。

両チームとも広くピッチ使い細かく繋いで停滞する時間帯が少なく見応えがある。

櫛引、ワシントンがバタついて、立ち上がり不安定なところで、失点。田口のビューティフルゴールで同点。シャビエルの技ありトラップで逆転。展開としてはいつも通りの点数推移。

逆転した辺りから岐阜の勢いが萎んできた。

social sharing...

コメント...