名古屋 – 岐阜

今年の名古屋のポジティブなテンプレートを展開して圧勝。

不安定な立ち上がりは相変わらず、キレイな形で逆転したけど、中弛みで失点した後突き放す追加点。

シャビエル大活躍でほぼ全得点に絡むハットトリック。佐藤寿人、玉田も活きてて全般的に血の通っていた。

ただネガティブなテンプレートも相変わらず。DFラインがバタつくところと意志疎通出来てない時が散見された。

シャビエルがMoMなのは間違いないが、武田も良く止めていた。

最後は糸が切れた感じになってしまっていたが、岐阜も細かいパスワークで試合が途切れず、面白い試合だった。点差ほど大味な印象ではなかった。名古屋がボール支配率で負けているところがそれをよく表している。

social sharing...

コメント...