名古屋 – 讃岐

終始グランパスペースの試合。
相手も怪我などでフルメンバーではないようだったし、何度か危ないシーンがありはしたが、きちんと加点して大枠では完勝。

ただ、相手の出来を考えるともう少し点数が入ってて欲しいところ。中盤でのパス回しでミスをし、相手にボールを奪われるシーンはよく目についた。
讃岐の拙攻に助けられて、失点しなかったが、まずい取られ方はまだまだ起こっている。
また、怪我明け後のシャビエルが周りとの連携に失敗しているシーンが少し目につく。ここ2試合は調子が上がっていないのが少し心配。

福岡が引き分けて、ホーム開催権と引き分けでの勝ち上がりを得られたのは、僥倖。
突然DFラインが強固になることはないだろうし、パスワークの起点の出来が千葉戦の鍵。
前回対戦時には、失点こそしなかったが、序盤のカウンターが綺麗に決められたところから、腰が引けてしまったところがある。
失点しないようにできるならしたいが、それよりも相手より点数を多く取る方針に徹することの方が大事。

social sharing...

コメント...