名古屋 – 長崎

全般的に押され気味の展開。

武田の好セーブや相手の決定力不足に助けられ、なんとかスコアレスで耐えていた中で青木がこの日唯一の切れ味を見せて、PK獲得。ここでしっかりと決めて、悪いなりにもなんとかした試合になったかと思ったら、あっさり失点してしまう。

結果的に福岡が負けて、自動昇格圏の2位になれた可能性があっただけに余計に悔しい。

勝てなかった要因は、シモビッチが先発で、ロングボールをいつもより多用して機能していなかったところ。いつもとリズムが違いミスも多かった。「シャビエルがいたら…」というよりも前節のシモビッチのビューティフルゴールの印象に引っ張られロングボールを使ってしまっていたように見えた。

あとは青木がここのところ消え気味になっているところも気になる。PKを取ったような動きは、今回のような守備が堅いチームには有効になる。

この試合でポジティブに見えたのは、佐藤寿人のポジション。今のシステム上カウンターはTOPの位置に近いと、特徴の飛び出しが活かしきれない。しかし、2列目に下がったことで助走距離ができ、最終ラインの裏をとるには良い距離感に感じる。残り試合数がないが、もっとフィットできるはず。得点を期待したい。

social sharing...

コメント...