名古屋 – G大阪

新戦力が完全に噛み合っている状態で、打ち勝った試合。

ガンバ大阪が、攻め急いでくれた部分で助かったところはあり、失点にはならなかったが2回ほど決定機を作られていた。G大阪のファン・ウイジョが打ち気が強いところに救われていた。冷静に周囲を使われたら、一方的な展開になっていた可能性もある。

DFラインは去年と同様急造ラインで開幕だが、去年より安定感は感じられた。崩され切ったと言うよりは、ミスを確実に突かれたのと相手の展開力がスゴかったところで失点している。去年のシーズン中盤までの不安定感に比べれば十分安心感を感じられるし、のびしろの大きさに期待できる。

この試合は和泉と秋山の切れ味が凄かった。秋山は去年と同様のインパクトではあるが、和泉は去年の印象を塗り替えるというか、去年まではまだ雌伏の時だったと思わせるような今のポジションのフィットぶりがすごい。去年は青木が完全に弾けたが、今年の和泉はそれ以上の期待を感じる。

まだ1試合だけなので、簡単に評価できないが、新戦力は、期待通りの活躍でスカウティングが機能しているということだろう。去年のシャビエル、新井の獲得辺りから補強ポイントが噛み合ってきている。ホーシャの1Gはおまけではあるが、ジョーの1A1Gは両方ともきれいに決まっている。

長谷川も色々なチームで色々な使われ方をして迷っていた昨年までの器用貧乏な感じが全くなく、フィットしている。菅原も失点に絡んでしまっていたが、試行錯誤できるうちにした方が良いかもしれない。

始まったばかりで、まだまだチームとして成熟する可能性を考えると、楽しみ。

 

social sharing...

コメント...