名古屋 – 鹿島

度々同点に追いつかれながらも、常に先手の取れる理想的な展開で4-2で勝利。審判の判定が鹿島サイドにかなり偏りが感じられる中でも勝利できたのは今後に明るさを感じさせた。

金井は2得点と絶好調。MoMの活躍。DFとしてはPKを与えてしまっていたのが玉に瑕だが、パフォーマンスは十分。SBは両サイドある程度固定できるようになった。

前田も相当な上り調子で、動きが相変わらず良い。この状態を維持して欲しいが、途中加入で連携不足というかまだ相互理解が進んでいないところが散見される。もう一段連携が高められるはず。理解が進んだ時に推進力が減衰しないことを祈る。

シャビエルは積極的にチェイシングもし、献身的なプレイぶりだが、フラストレーションを表に出すことが多くなっているのが少しきになる。チェイシングした後不用意なファウルになってしまうことが散見される。相手マークが相変わらず厳しいのがその原因だが、ジョーや前田の動きが活性化したことで、マークが集中しなくなることで切れ味が戻ってくると、自由度が増すはず。

レオシルバは敵ながら相当良い選手。名古屋も獲得に走った時期があったはずだが、降格直後のタイミングだったので、獲得できる見込みは薄かった。彼を獲得できていれば、安定感は違ったものになっていたかもしれない。

social sharing...

コメント...