名古屋 – 磐田

虎の子の先制点を守り切って辛勝。相手のミスを逃さずシャビエルが先制。ただその後の展開は、どちらかと言えば守り切った試合。長谷川、ランゲラックがMVP。長谷川は重要なところでボール奪取を決めていた。ランゲラックも好セーブ連発。

開幕戦ということで入場者数も39000人近い数。開場直後に着いたが、自由席のいいところは、既に埋まっていた。

パスサッカーを出しきる前にミスだったりハイプレスを受けたりで、支配率を上げられず、危ないシーンも多かった。ただ決定機は作れていたし、手詰まり感を感じるほどではなかった。ジョーの決定的なシーンが決まっていれはもう少し安心して観戦できた。

和泉、秋山は相変わらず好調を維持。青木は前節よりは調子が上がってきているが、まだ本調子じゃなさそうなのと、俊輔、川又側だったので、後手に回ることか多かった。

ジョーは決定的なところを2回外し、リズムに欠けていたところが気になる。ただポストプレイでボールを納めるところはしっかり出来ていた。

小林に切れが無かったのが少し気になる。凡ミスが何度かあって危ないシーンを作ってしまっていた。DFラインは無失点であるが、相手の決定力不足に助けられた面もある。

俊輔はさすがだったが、前線のタレント不足が祟っている。川又は愚直にラインブレイクを仕掛けていたが、得点には繋がらない。ただ磐田に感じられたチャンスはだいたい川又のところか、アダイウトンのところ。

田口も前半は完全に消えていた。ボールを触ってリズムを作るタイプなので、あの展開ではリズムも上がらない。後半は檄を飛ばされたかギアが上がっていたが、それでも連携不足。名前が充分売れてないんだろう。名古屋帰ってこいよ…

social sharing...

コメント...