名古屋 – 柏

押されまくってはいたが、ランゲラックのスーパーセーブ連発と相手の度重なる逸機に助けられて1-0の辛勝。

序盤はいつも通りもたつき、柏にペースを握られた。決定的な場面は柏の方が多く、ランゲラックの好セーブと相手のシュートミスで何とか失点を回避していただけの状態だった。中盤からボール回しが効き始めて、押し込める時間も増えたが、それほど大きなチャンスと思える展開にはならなかった。得点シーンは綺麗に崩せて前田がゴール。シャビエルのクロスも良かったが、その前の展開の仕方が特に綺麗なパス回しだった。ジョーとシャビエルのワンツーぽい展開からのゴール。

ただ、良かったシーンはここと後はランゲラック の好セーブ や中谷のナイスブロックと守備側が目立った試合だった。攻撃を志向するチームとしては、少し厳しい内容だった。

エドワルドネットは調子が悪そう。役割からしてそもそも狙われやすいポジションではあるが、さらにターゲットになっている印象。ここを止めれば全体の攻撃が止まると分かっているからだとは思うが、マークをかわし切れていないし、あまりリズムを作れていない。もう少しマークが分散するように他の選手の底上げが必要。

ジョーやシャビエルのボールキープもあまり上手くいかなかった。ファウルを受け気味にボールをロストして苛ついているシーンがちょこちょこと目立った。玉田は好調を維持していて、好機は玉田から始まることが多かった。青木や和泉に期待したいのは、この玉田のパフォーマンスのはず。玉田と交代した相馬は東京近郊なので、試合に久々に出場した。ただ上下に走りまくってはいたが、あまり効果的にはなれなかった。

柏に勝てて、勝点を積み上げられたのは僥倖。負けてもおかしくない展開だっただけに課題は多い。怪我人も多くなってきているし、試合数が多いことが吉となるばかりではない。上位チームとの対戦も残っているし、まだまだ安心できる日は遠い。

social sharing...

コメント...