名古屋 – 鳥栖 前半感想

PK外した直後にシャビエルの突破からそのままゴール。1-0で前半終了。

和泉がいない状態を想定していなかったが、不在を感じさせないテンポでパスは回っている。櫛引がサイドで存在感があり、ゴールには繋がってないがセンタリングをよく上げていた。

全般的に押してはいるが、名古屋の最終ラインは高いのでラインブレイクはよくされている。決定機は結構作られている。

今日はベンチメンバーが相当若い状態になっているので、交代がどうなるかも見物。

social sharing...

コメント...