名古屋 – 鳥栖

3-2で敗戦。一時2-0で勝っていた状態から3失点。非常に悔しい負け方。

前半はパスもよく繋がり、最終ラインの裏はよく狙われていたものの押し気味で試合を進めていた。

後半ホーシャが負傷退場で押谷と交代してから、鳥栖に流れが行った。ただよく耐えて無失点にしていて、かつ相手DFのミスを突いてシャビエルが2点目をとれた。このまま何とか勝ちそうな雰囲気だったが、イバルボがここから効いてきた。結局ロスタイムに決勝点を決められて試合終了。

PKを外したりしてジョーはまだピリッとしない。今日の試合は櫛引の動きがよかった。前半はサイドバックで効果的な上がりを見せ、守備でもしっかりと抑えられていた。今後もSBでの出場は面白いかもしれない。

シャビエルは2得点は立派。ただ、このところマッチアップで徹底マークを受けて、イラついたプレイが多くなってきている。その影響なのか前線の繋がりが去年の心地よさがない。マークを分散させる意味でも逆サイドに相手の脅威になるようなプレイが必要かもしれない。そういう意味では青木に期待したいが、今シーズンはまだ弾けていない。

チームの戦術としてもジョーへのロングボールに依存しがちで、去年よりポリシーが弱くなっている。戦術の多様性で一つのオプションとしてジョーへのロングボールなら良いが、ボールに触るのはジョーだが、その後の繋がりに欠けることの方が多い。

去年作り上げてきたスタイルでの得点というよりは、ミスを突いて得点するシーンが多い。J2との格の違いは確かに感じるが、小気味良いパス回しからの得点を見たい。

social sharing...

コメント...