名古屋 – 仙台

先発メンバーが斬新だったが、2-3で敗戦。後半許した追加点がなければ最低限ドローに出来たかもしれない。

後半から観戦。既に2点ビハインドで相当後手に回っている。後半開始直後からジョーを起点にする展開が出来ていた。最後はサイドをえぐってジョーがキレイなヘディングでゴール。

その後優位も展開していたが、安易な位置でボールロストし最終ラインを突破され決勝ゴールを許す結果に。ロスタイムにPKで追い上げるも時間切れ。

後半の展開だけをみると今までよりもマシとは感じたものの小林、長谷川のコンビと秋山、青木のコンビが独立して動いて連動していない。どこから攻めても1枚攻め手が足りない印象。

攻めているときもサイドに人が寄っていて真ん中がポッカリと空いているので、センタリングの後のセカンドボールが拾えていないのと相手のカウンターの繋ぎを楽にしてしまっている。開幕のG大阪戦のように和泉がもっと中央で存在感を出さないと全体の連動感が生まれない。

social sharing...

コメント...