名古屋 – 長崎

いつも通りの致命的なミスで自ら崩れる形で0-3。神懸かり的なシュートブロックを連発していたランゲラックの奮闘も空しく、敗戦。ただボール回しはだいぶ良くなっている。ジョー、シャビエルがある程度下がって受けるシーンが増えてきているので、兆しは少し感じた試合だった。

榎本、玉田の交わす、剥がす動きは効果的だった。前への推進力が感じられて、見ていて気持ち良い。ミスに腰が引けているところがある今のチーム状況には、ベテランは必要。特にテクニックのあるベテランが必要なので、先発玉田で、榎本を後半投入の方がいい気がする。ただ、ここのところ全く見られなかったシーンで、本来青木あたりにこういった動きを期待したい。青木は少し考え過ぎている。

リーグ戦で全く勝てていない中で最も成長を感じるのが、櫛引。SBでの出場が多くなっている中、攻撃で積極的に前に上がり、いい動きをしている。ここは数少ない光明の一つ。

長谷川も少しチャレンジできるようになってきた。まだ呼吸が合っていないところは散見されるが、足元のテクニックはある方のはず、前への推進力をもっと見せて欲しい。和泉も少し考え過ぎている。もっと主体的に中心的な役割を担ってほしい。

social sharing...

コメント...