名古屋 – 湘南

動きの固かった前半に0-2とされるも、後半何とか巻き返し2-2のドロー。プレイオフ戦を覚悟した試合終了直後からさざ波のように磐田の結果が伝わり、最後に場内アナウンスで残留決定が告知。

最終戦なので、生観戦。残留の掛かった試合でもあり注目度は高く、瑞穂なので席数も少ないことから完売状態。

前半、試合序盤は両者とも相当固くなっていて、ぎこちない立ち上がり。その中でミスからボールを失うと、先制点をあっさり奪われる。先制点を取ってもそれほど湘南に落ち着きは感じられなかったが、PKを梅崎に決められたところで、湘南は落ち着き始めた。一方の名古屋は、全般的にかみ合っておらず、中々押し込めないまま、前半終了。特に相馬はしっかりとケアされてしまっていて、ほぼ止められてしまっている状態で空回り。

後半は相馬に代わって前田を投入。ここからリズムをつかみ始める。ジョーがPKを2本決めて何とか同点。

この時点ではスタジアム全体がプレイオフを覚悟している状態だった。そこからサワサワと磐田の結果が伝播し、最後は場内アナウンスで残留確定。

social sharing...

コメント...