名古屋 – 神戸

何もできなかった試合で常に主導権が神戸にある状態だった。

青木がベンチ外になり、和泉もベンチスタート。全般的にコンディション調整が上手く出来ていない状態。まだ習熟度を上げなければならないチーム状態からすれば、連戦続きの方が良い影響があるのかと思っていたが、連戦続きが裏目に出ている。怪我やコンディション不良がずっと続いているのは、ワールドカップまでの間はこの状態が続くかもしれない。

今一番欠けているのは、リーダーシップ。佐藤寿人や玉田と言ったベテランに期待したいところ。失点後にずるずると自信なさげなプレイが多くなるし、気持ちがかなり後退してしまっているように見える。

点数にはならなかったが、素晴らしい連動による崩しは出来た時もあったので、やればできるはず。やり続けるモチベーションの維持が出来ていないだけだと信じたい。

social sharing...

コメント...