名古屋 – F東京

0-1で惜敗。固い守備を崩せなかったというよりは相手の荒いプレイとファウルの判定基準に馴染めずプレイに連続性を失っているように見えた。決定機は作れたが、決めきれなかったのも敗因。

ちょうど東京に行く予定と重なったので初めてのアウェイ観戦。駅から遠くないのは良い。S席だったが、アウェイゴール裏だけではなくけっこう名古屋サポも来ている様子。味の素スタジアムは音の響きが結構凄い。名古屋の応援は近いサイドに座ってたこともあるが、アウェイなのに結構なボリュームで聞こえてきた。

入場前
入場直後
ピッチ

スターティングイレブンに大きなサプライズは無し。ベンチメンバーにマテウスが入っているのが朗報。前線の競争はさらに熱くなっている。

試合は序盤から東京が固い守備からカウンターという展開。守備が固く、ディエゴという強くて上手いTOPと足の速い永井にお任せで時々久保という戦術は苦手になりがちな相手。特に永井はモチベーションが他の試合より明らかに高いし、厄介。

比較的押し込める時間帯もあったが、強めのというより荒い相手の守備と判定に馴染めずリズムが作れない。シャビエルのところはかなり強めに来ていて、シャビエルは結構カッカッきていた。ジョーもファウル気味に当たられていたが、ファウルが貰えず不満気味。

逆サイドの和泉は久保とマッチアップで中々見応えのあるサイドで、比較的良く攻めていたが最後に精度を欠きボールを奪われる展開。ちょっとミスが目立っていた。

後半もマテウス投入も試合全体の流れは変わらず、荒いプレイが多く試合が良く途切れる。その中一瞬の隙を突かれて永井に先制点を奪われてしまう。その後も相馬や長谷川を投入も実らず。

試合は負けたこともあるが、ショッパイ試合だった。判定も不可解な印象だが、FC東京は鹿島のような本当の意味での嫌らしさがそこまでない。代表クラスが並ぶとはいえそこまでの試合巧者なメンバーはいない中、点数が取れなかったのが残念。

あと密かに久保を楽しみにしていた。ガチガチにやりあっていたサイドだったのでそこそこ見応えはあったが、この日の活躍は並だった。当たりばかりではないし、仕方ない。

social sharing...

コメント...